探偵調査の契約書・報告書

探偵調査の契約書・報告書

探偵調査を利用する時には契約書を交わす事になります。ここで注意することは契約書の中身をしっかり確認し、不明な点がある場合はきちんと説明を求めることです。記載されている内容に納得ができれば申し込みを完了することになりますが、もし説明を求めた時に言葉を濁したり、こちらが理解できないような専門用語ばかりを使うような探偵には注意が必要です。

 

契約書をしっかり交わしていると、万が一後でトラブルになってしまった時に対処することができます。内容についてチェックする時は単純に数字だけをチェックするのではなく、具体的に何日間、そして何時間、何人で、どのような調査を行うのか正しく記載されているのか確認してください。もちろん探偵調査によって様式というものはことなりますから、不安を感じる場合は納得できるまで説明してもらう事がベストです。

 

探偵調査完了後には調べた内容を報告書にまとめてもらうことになりますが、こちらについても自分が欲しい情報が記載されるのか事前に確認しておくと安心です。特に離婚や慰謝料請求などは証拠が物を言いますから、書類の内容や添付される画像、ビデオ(動画)の有無なども確認しておきたいです。

 

しかしどんなにしっかりとした書類を作成してあっても、難しい内容ばかりが記載されており、説明もなければ理解はできませんからあまり親切ではないです。書類のできはもちろん、探偵とコミュニケーションがきちんと取れるかはとても重要になります。不安な事は何でも相談できて、また納得できるようにしっかりと説明してくれるような対応は信頼しやすいです。

 

⇒探偵調査依頼前の無料相談・見積もり依頼